ハコボウズで軽貨物求人を見てみる!→CLICK!

運送業は勝ち組?運送業界の今後や現状の課題についても解説

運送業は比較的始めやすく、人間関係の悩みが少ないうえに安定した仕事を得られますが、長時間労働の問題や仕事のきつさなどでも知られてもいます。

運送業で働くならば、雇用環境などは気になるところ。この記事では、運送業で「勝ち組」として働くために、よりよい働き方を解説しています。

同時に運送業界の課題や今後の展望なども解説しますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

\ 採用祝金1万円進呈中 /

目次

運送業が「勝ち組」といわれる理由

運送業は昔からきつい仕事というイメージを持たれがちですが、人によっては向いている部分もあり、「勝ち組」とみなせるところもあります。

体力がない人、長時間労働に耐えられない人にはきついでしょうが、運送業にも確かなメリットはあり、それに順応できると「勝ち組」ともいえる働き方ができます。

運送業のメリットは以下の通りです。

  • 運送業界は人手不足で、仕事がなくなる可能性が低い
  • 働き方によってはホワイトな業界
  • 個人の努力次第で高収入も期待できる

運送業界は人手不足で、仕事がなくなる可能性が低い

運送業は平成後期にかけてから、常に人手不足の状態にあります。

そのため運送業、物流業界で将来仕事がなくなるということは考えにくいです。

また、ネットショッピングの利用者の増加により、運送業界は景気がいいと言える部分もあります。

運送業はベテランドライバーの方も多く、長く続けられる仕事でもあります。家庭を持つなどして、安定した仕事を求めるならば、簡単に仕事がなくなったりしない運送業界はメリットが大きいでしょう。

働き方によってはホワイトな業界

運送業は仕事がきつく、ブラックな部分が多い業界と認知されることが多いですが、働き方によってはホワイトな業界です。

運送業界のドライバーで、最もホワイトな働き方ができるとして知られているのが「大型トラックドライバー」です。

大型トラックドライバーはその名の通り、大型トラックの運転手として働く仕事ですが、大型トラックの運転は大型免許が必要で、所持している人が少ないことから、大型トラックドライバーの求人は条件がよい場合が多いです。

個人の努力次第で高収入も期待できる

運送業はバブルの頃などは年収1,000万稼ぐことも可能だったようですが、現在ではそこまでの高収入を得ることは厳しくなっています。

しかし、前述した大型トラックドライバーの運転手として働いたり、開業して自営業で働く等の努力をすれば、1,000万とはいかなくても、頑張り次第で高収入を期待できます。

しかし、トラックドライバーはその特性上、長時間労働になりやすいので、高収入を狙うならばかなりの時間を労働に費やすことを覚悟しておかなくてはなりません。

そのほかにも長距離配送や深夜配送など、稼ごうと思えば身体に負担がかかる仕事も積極的に受ける必要が出てきます。

運送業で勝ち組になるためには?

運送業のホワイト企業とブラック企業の特徴

運送業は劣悪な環境で働かされ、労働者が心身ともに疲弊してしまうこともある業界です。

そんな運送業で勝ち組になるためには、働く側もただ無機質に仕事をこなすだけでなく、自分によりよい環境を求めたり、稼ぐための努力をする必要があります。

この章では、運送業で自分の求める働き方をするための方法を解説します。

運送会社選びを徹底する

どこかの企業に所属して運送業をおこなう場合、会社選びは非常に大切です。

ブラック企業に入るかホワイト企業に入るかで、その後の自分の生活が大きく変わってきます。

事前に下調べを行い、その会社がドライバーにとってよい環境であると言えるか、きちんと見定める必要があります。

ホワイト企業の特徴としては、給与体系がきちんとしている、スキルアップ支援があるなど、ドライバーのサポートをきちんと考えている会社が当てはまります。

その他にも、トラックの設備が充実している、会社のトラック全体にきちんと掃除が行き届いているなどが、ホワイト企業の特徴としてよく挙げられます。

ブラック企業に入って苦しい思いをしないためにも、求人サイトを覗くところから慎重に進めるべきでしょう。

運送業で開業・独立する

会社に雇われて働くよりもリスクは高くなりますが、自分で起業・独立するのも運送業で大きな成功するためには重要だといえます。

運送業で開業すると初期費用や準備の手間などもかかりますが、その分年収を増やしやすくなります。

また、事業として活動する際に、安全に配慮した機器を導入するなどの条件を満たすことによって、助成金がもらえる場合もあります。

申請が必要な場合が多いので、自分に該当するものがないか事前にチェックしておくとよいでしょう。

自分に合った働き方を選択する

運送業で働くならば、自分に合った働き方をするというのも大切です。

長時間の稼働で安定した収入を得たいという人も多いでしょうが、なかには副業感覚で始めて、空いた時間に自由に稼ぎたいと考える人もいます。

そのため、自分の目的やスタンスを決めて、会社に雇用される正社員のドライバーなのか、運送会社と業務委託契約を結ぶ委託ドライバーなのか、フリーランスドライバーなのかを選ぶのがよいでしょう。

ほかにも配送の種類にはルート便やスポット便などがあるので、自分に最も適した配送タイプを選択するとよりよい働き方ができるでしょう。

ハコボウズを今すぐチェック

運送業で勝ち組に入る人の特徴

運送業で「勝ち組」になるには、仕事の向き不向きに加え、個人の努力や工夫も必要です。

安定した収入があり、ストレスなく仕事をすることが「勝ち組」として誰もが共感するポイントだと思います。

運送業で「勝ち組」に入る人の特徴は以下のようなものがあります。

運送業の仕事が好き

運送業をストレスなく長く続けていくためには、運送業の仕事が好きというのは大事な条件です。

日本の物流を支える重要な仕事なので、運送業の仕事にやりがいを感じることができれば、長期的に仕事を続けられるでしょう。

また、長時間車で移動することも多いので、車の運転が好きという人にもおすすめできる仕事です。

逆に車に酔いやすい、力仕事に自信がない人は運送業を続けていくことは難しいかもしれません。

仕事をするうえでその仕事が好きか、またはその仕事に適しているかは重要なポイントなので、事前に仕事内容を調べ、自分への適性を確認しておくとよいでしょう。

対応できる案件を広げている

運送業にもいくつか種類があり、軽貨物自動車による運送業のほかに、中型・大型トラックによる運送業もあります。

軽貨物は普通免許さえあれば誰でも運転でき、始めるまでのハードルが低いですが、取得人数の少ない中型・大型免許を持っていれば、その分自分の仕事の幅を広げられます。

特に大型免許所有者は、その数の少なさから待遇がよく、収入も多い傾向があるので、運送業で高収入を狙う人にはおすすめです。

大型免許取得には30万円ほどかかってしまいますが、将来への投資と考えれば決して高い金額ではありません。

毎日疲れているなか、教習所に通うのは大変ですが、そこで行動を起こせるかがほかの人と差がつく一番の要素だといえます。

ほかにも個人事業主として開業すれば、自分で仕事を選択できるため、対応する案件を広げられるでしょう。

中型自動車免許と大型自動車免許の違い

条件のよい会社・大手の運送会社に入る

どの仕事にもいえることですが、大手の会社などの条件のよい会社で働くことは収入アップに大きく繋がります。

もちろん簡単に大手の会社に入れるならば苦労はないですが、ドライバーとしての経験や、大型免許の取得など、少しでもアピールできる部分を増やしておくとよいでしょう。

自身のスキルアップや努力を惜しまない人が結果的に多く稼いでいるのは必然だといえます。

運送業界の現状と今後

運送業界はネットショッピングの普及などもあって、その規模を拡大し続けています。

運送業界で働くことを検討する人も増えてきているので、ここからはこれから運送業で働く人のために、運送業界の現状と今後を解説します。

自分への適性を測る意味でも、しっかりチェックしましょう。

運送業界の現状の課題

運送業界の現状の課題として最も大きなものは、何といっても需要に対する絶対的な人手不足です。

運送業界の人手不足は15年ほど前から慢性的に続いていますが、近年では特に配送の需要に対するドライバーの数が追いつかなくなっています。

ドライバーの数が少ないということは、ドライバー1人にかかる負担が増えるということです。

結果的にドライバーの長時間労働につながるので、運送業界ではドライバーの数を増やすことに常に苦心しています。

さらに2024年問題により、ドライバーの離職がさらに増えることが懸念されており、人手不足の問題は運送業界の非常に大きな課題であるといえます。

運送業が将来なくなる可能性は?

人手不足は運送業界の大きな課題ですが、裏を返せばそれだけ多くの仕事が存在するということなので、運送業で将来仕事がなくなるというのは考えにくいです。

物流業界はきつい仕事ですが、仕事がなくなる可能性が少ないので、その点では安定しているといえます。

運送業界の今後を左右する?2024年問題とは

2024年問題の影響

運送業界で最近よく耳にするようになった2024年問題ですが、この問題は近い将来運送業界に大きな影響を与えると言われています。

働き方改革関連法により、運送業界に起こるであろう影響を2024年問題といいます。具体的には、ドライバーの時間外労働の上限規制によるドライバーの収入低下などの問題が危惧されています。

ドライバーの労働時間が制限されることで、ドライバーの収入低下の他、運送業界そのものが回らなくなるのではと不安視されているのです

そのような事態を避けるためにも、業務の効率化など、運送業界の働き方にも変化が求められています。

AIの活用による、業界への影響

運送業でもほかの産業と同じように、AI(人工知能)の導入が進みつつあります。

具体的には荷物の搬入をロボットがおこなったり、AIの分析による配送ルートの効率化や、ドローンによる荷物の配送などが挙げられます。

AIの実用化がこれからどの程度進むかは予測が難しいところですが、近い将来ドライバーの負担を減らしてくれるシステムが普及するかもしれません。

委託ドライバーとしてホワイトな働き方をしたいなら、運送会社の選定が大切

ドライバーには、会社に雇用される形で働くドライバーの他に、個人事業主として運送会社と業務委託契約を結ぶ委託ドライバーという働き方もあります。

委託ドライバーは個人の頑張り次第で収入を上げやすく、人間関係のしがらみが少ないことがメリット。

ただし、ホワイトな働き方をするには契約する会社選びは非常に重要です。

手数料の割合や、事故を起こした時のサポートなどを事前に確認し、ブラック企業と契約しないように十分気をつけてください。

弊社運営の「ハコボウズ」は軽貨物ドライバーの求人に特化したサイトです。

掲載企業のコンプラチェックから求人の透明性を担保しています。優良な運送会社の求人を見つけたいという方はぜひチェックしてみてください。

\ 採用祝金1万円進呈中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次