ハコボウズで軽貨物求人を見てみる!→CLICK!

軽貨物ドライバーとして女性が働くメリット。配送はきつい?おすすめの働き方も紹介

軽貨物ドライバーは男性の仕事!と思う方もまだまだ少なくないでしょう。

ですが今、軽貨物業界では女性ドライバーの需要が高まっています。なぜ女性ドライバーが業界で求められているのでしょうか。

今回は、業界が抱える問題点や今後の広がりなども踏まえ、女性の軽貨物ドライバーについて詳しく紹介していきましょう。

\ 採用祝金1万円進呈中 /

目次

軽貨物業界で女性が求められている理由

軽貨物ドライバーへのジョブチェンジを考える女性が増えてきているのはご存じでしょうか。

一昔前までは、配送業というと力仕事も多く男性の仕事というイメージがありましたが、近年では以下のような理由で女性の手を借りたいというのが業界全体の思いになってきています。

  • 運送業界全体の人手不足
  • 女性の軽貨物ドライバーに依頼したい荷主からの需要
  • 性別による職業選択がなくなってきている世の中の流れ

それぞれの観点について詳しく紹介していきましょう。

運送業界全体の人手不足

1つ目は運送業界の人手不足です。

通信販売が隆盛をきわめている今、荷物の依頼量が劇的に増えています。

一方で、配送業界に入ってくる人材が年々減少しており、需要と供給が釣り合っていない状況が長く続いているのが現状です。

配送業に興味があり、働きたいというやる気のある方がいれば、男女関係なく採用して配送を担ってほしいと考える事業者も多くいます。

女性の活躍によって、業界全体の人手不足解消につながると考える方も少なくありません。

女性の軽貨物ドライバーに依頼したい荷主からの需要

通信販売の隆盛により、配送される荷物の内容も多岐にわたっています。そのなかでも特に花や宝飾品、お弁当といった荷物の配送は女性軽貨物ドライバーに頼みたいという荷主が増えています

花や宝飾品、お弁当に共通していることは、扱い方に慣れているかつ繊細な配送が求められる品だということです。これらは扱い方に注意が必要な荷物なのです。

配送手段が雑だと商品としての価値が下がるため、ほかの荷物以上に繊細な取り扱いが求められています。

また、荷物の届け先には女性の職員の方も多いです。そのため、女性同士のほうが身だしなみやコミュニケーション、配送先のイメージを損なうことなく自然な雰囲気で配送できるといえるでしょう。

例えば、宝飾品を扱うお店で、店員が客対応をしている際に、男性と女性、どちらの軽貨物ドライバーに来てもらうほうが、客の立場でみてイメージがよいか考えてみるとよいでしょう。女性が宝飾品を配送してきてくれるほうが自然に見えますよね。

以上のことから、女性の軽貨物ドライバーに配送を頼みたいという需要が高まっているのです。

性別による職業選択がなくなってきている世の中の流れ

一昔前は、あらゆる業種でこの仕事は男性の仕事、この仕事は女性の仕事といったように性別によって職業のイメージが持たれていました。

ですが、世の中全体の人手不足や女性の社会進出が進み、性別によって仕事が分けられることがなくなってきています

軽貨物ドライバーの世界にもその世の中の流れがやってくるのは自然でしょう。

また、軽貨物ドライバーになってガンガン稼ぎたいと考える女性は増えてきており、仕事の選択に軽貨物業が入るのは当たり前になってきています。

女性の軽貨物ドライバーに求められていること

今後も増えていくと予想される女性の軽貨物ドライバー。しかし誰でも無条件で採用されるほど甘い業界ではありません。

では、どのような女性が軽貨物ドライバーとして求められているのでしょうか。

ここからは女性の軽貨物ドライバーに求められる条件や能力について紹介していきましょう。

清潔な身だしなみ

男性に比べて女性のほうが清潔な身だしなみを求められやすいといえます。人によりますが、女性のほうが清潔な身だしなみに細心の注意を払っているイメージがあるからでしょう。

届け先の希望やクレーム防止のために、清潔な身だしなみの女性軽貨物ドライバーに配送をお願いしたいという荷主も多くなってきています。

そのため、身なりをきちんと整えられる女性の軽貨物ドライバーが求められています

細やかな荷物への配慮

先述したように、繊細な取扱いを求められる荷物も多くなっています。特に花や宝飾品、お弁当は男性よりも女性のほうが身近で、扱いに慣れている方も多いでしょう。

今後、女性のほうが取り扱いに慣れている品が増えてくることも予想されます。

さまざまな配送物に対応し、商売のチャンスを増やしたいという雇う側の立場からも女性軽貨物ドライバーの採用が進んでいるのが現状です。

配達先とのコミュニケーション能力

一般的に、男性より女性のほうがコミュニケーション力に長けているといわれています。

配送される荷物の種類や配送方法が多岐にわたる軽貨物配送の現場では、コミュニケーション能力は重要なスキルといえるでしょう。

女性のコミュニケーション能力の高さを活用して、そういった現場への配送にも事業を広げていきたいという配送業社が増えてきています。

女性である安心感

届け先に女性が多い場合、女性の軽貨物ドライバーが来てくれるほうが安心で、相手に喜ばれるケースが増えています。

また、個人同士の荷物の配送依頼も多くなってきており、一人暮らしの女性の家には男性よりも女性の軽貨物ドライバーきてほしいという需要も高まっています。メルカリなどのフリマアプリなどで洋服を購入する情勢も増加傾向です。

配送先や取引先が多岐に広がっていっているという業界全体の成長も、女性の軽貨物ドライバーが必要になってきている背景の1つといえるでしょう。

ハコボウズを今すぐチェック

軽貨物ドライバーに向いている女性

軽貨物業界が女性を求めているとはいえ、実際どのような女性が軽貨物ドライバーに向いているのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、軽貨物ドライバーに向いている女性を紹介します。

体を動かすのが好きな人

配達ドライバーは荷物の積み込みや荷下ろし、配達など運転以外は基本体を動かしています。

そのため、体を動かすのが好きな人にはぴったりな職業といえるでしょう。

軽貨物の仕事は、指定された場所に荷物を届けるというシンプルさが人気です。体を動かしながらシンプルな仕事がしたいという方には特におすすめです。

車の運転が苦でない人

配達ドライバーは、1日中運転をしています。

そのため、車の運転が苦ではないと感じる人にはおすすめだといえるでしょう。

しかし、丸一日運転したことはないという方も多いのではないでしょうか。

「運転は苦ではないし、むしろ好きだけど実際どうなんだろう?」と感じる方は、まず短時間から仕事を始めて自分に合っているのか確かめる期間を設けるのも大切です。

自分のペースで仕事をしたい人

軽貨物ドライバーは、自分のペースで仕事をしたいという人にも向いています。

人間関係に悩むことなく仕事に取り組めるので、ストレスがないという方もいます。

「周りに気をつかって仕事をするのは疲れる…」という方には特におすすめの職業です。

こんな女性は軽貨物ドライバーに向いていない!

よい悪いは別として、軽貨物ドライバーには不向きな女性もいます。

どんな女性が軽貨物ドライバーに向いていないのか説明していきます。

社会人としての当たり前のことができない人

男女関係なく、社会人として当たり前のことができない軽貨物ドライバーは求められていません。

例えば、挨拶ができなかったり、寝坊や遅刻が多かったり、配送時間にルーズだったり、身だしなみが不適切だったり、虚偽やいい加減な勤務ばかりしたりする人は、どんな仕事でも求められないでしょう。

軽貨物の仕事でも、社会人として問題がある人には向いていません。

荷物への細やかな配慮ができない人

荷物の取り扱いが雑な軽貨物ドライバーは性別に関わらず向いていません。配送先から一番多いクレームが配送された荷物の状態に関することです。

仕事中だけでなく、普段の生活でも物の取り扱いを丁寧にするなどの癖をつけましょう。

著しく体力のない人

ほかの仕事と比べて、軽貨物ドライバーの仕事は体力勝負な部分があります。

荷物1つ1つの重さは大したことはありませんが、車から降りて運んだり、荷物を積んだり下ろしたりが重なるの体力があることは絶対条件です。

体力に著しく自信がない人は、軽貨物ドライバーの仕事を続けていくのが難しいので、まずは体力を強化してから軽貨物ドライバーの世界を目指しましょう。

軽貨物ドライバーとして女性が働くメリット・デメリット

女性が軽貨物ドライバーとして働くメリットはいくつもあり、子育てや家事で忙しいママさんにも取り組みやすい職業だといえます。

その反面、軽貨物ドライバーとして働くデメリットもあるので、両方を理解した上で実際に取り組むか検討してみるのもよいでしょう。

女性ドライバーとして働くメリット

家事や育児の合間にできる案件もあり、比較的時間のコントロールもしやすいのが軽貨物業のメリットです。

企業配など決まったルートの定期配送は、未経験で不安な方や育児をしているママさんなどは特にやりやすいといえるでしょう。

また、軽貨物は小さくて軽い荷物がメインです。

女性でも持ち運べる荷物のため、力の面で不安な方も取り組みやすい職業だといえます。

普通自動車運転免許があれば未経験でも始められ、働いた分だけ収入を得られる点も魅力的ですよね。

女性ドライバーとして働くデメリット

女性ドライバーが増えているとはいえ、業界全体としてはまだ人手不足なのが現状です。

場合によっては案件が多く、体力面で苦しいと感じる場合もあるでしょう。

また、小さな荷物がメインとはいえ重い荷物も少なからずあります。男性に比べると、力や体力面で大変だということを理解した上で、軽貨物ドライバーにチャレンジすることをおすすめします。

女性にとって軽貨物配送はきついという声も

収入を増やすことに着目すると、件数をいかにこなせるかが勝負になります。そのため、効率よくたくさん配送する必要があるので、体力面できついと感じる女性もいます。

配送には荷物を積んだり下したりする作業はもちろん、エレベーターがなく階段で届けるケースも。こういった理由から、体力があまりない女性はきついという声はあります。

その反面、体を動かすのが好きで体力面にも自信がある方は、楽しく自分のペースで仕事に取り組めるでしょう。

女性の軽貨物ドライバーにおすすめな働き方

軽貨物配送といっても、働き方はさまざまです。

その中でも女性が取り組みやすく、子育てや家事を行っている人でも両立しやすい方法を紹介します。

ルート配送

配達ルートや運ぶ荷物、時間などが決められている配送の仕事です。

企業や店舗への配達がメインとなるので、時間厳守で動かなければならない縛りはあります。

その反面、残業は少ない傾向にあり、ルート配送はプライベートと両立させたい方おすすめな働き方といえるでしょう。

ルーティン作業なので仕事がシンプルなのに加え、時間変動が少ないので育児や家事との両立もしやすいのが特徴です。

Amazon Flex

一般的な軽配送と変わらず、荷物を注文したお客様へ届けるお仕事です。

そのなかでもAmazon Flexは仕事量や時間帯などを自分で選べるので、プライベートと両立させたい方や、初心者でまずは手始めにやってみたいという方におすすめです。

さらに、報酬は週払いで受け取ることができるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎとしても活用できます。

軽貨物ドライバーは40代の女性や主婦でも始められる!

軽貨物ドライバーは、40代女性や主婦でも始められるくらい身近な職業だといえるでしょう。

人手不足や配送される荷物の種類の広がりもあり、業界の女性ドライバーに対するニーズも高まっています。

また、業界内での女性軽貨物ドライバーの評価は確実に上がってきており、今後も評価は右肩上がりで伸びるでしょう。

働きやすい案件や時間の使い方をうまく活用するなどすれば、未経験からでも挑戦しやすいのでぜひチャレンジしてみてください。

\ 採用祝金1万円進呈中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次